@-

- byM's Bookshelf 2017 -

「暇と退屈の倫理学」

 

小林秀雄賞受賞の論考 ・・・・以下は目次読書

まえがきの「俺」は・・・小林秀雄の初期小説を思い出させる・・

 

「暇と退屈の倫理学」(増補新版) 

〇國分功一郎/wiki (1974年 - ) 

 目次読書

まえがき

序章 「好きなこと」とは何か?

第一章 暇と退屈の原理論

第二章 暇と退屈の系譜学

第三章 暇と退屈の経済史

第四章 暇と退屈の疎外論

第五章 暇と退屈の哲学

第六章 暇と退屈の人間学

第七章 暇と退屈の倫理学

結論

あとがき

付録 『暇と退屈の倫理学』新版によせて

申しわけないが、一カ月たっても読み終えていない。読み始め非常に面白く、『高校生のための現代思想エッセンスちくま評論選』の方も読んだのだが、ちょっと間を置きます ~休憩 ~〈20170922〉


» Back to Top
lastModified: 2017年