- byM's Bookshelf 2016 -

古典力

斉藤孝

「教育学の俊英」とよばれる 斎藤孝さん(HP) を久しぶりにチェックします。最近買った本というと、文庫本の「質問力」(ちくま文庫)でしたが、次は新書本で行ってみたい
→しかし、ここは後ほど続けます (20160313)

『古典力』(岩波新書)

「それでは以下目次読書を。中で、
「古典を固定観念から解き放つ ―小林秀雄に学ぶ古文」という項目に驚きました。第三章の書名はしばし割愛・・自分で考えたい(笑) (20160412)

はじめに―古典力のすすめ

第一章 古典力を身につける    今、なぜ古典力が必要なのか


古典を読むための十カ条

第一条 一通りの知識を事前に得る

第二条 引用力を磨く

第三条 さかのぼり読み―古典の影響を読み取る

第四条 パラパラ読み―全部を読もうとしない

第五条 我田引水読み―自分の経験に引きつける

第六条 つかり読み―作品世界にどっぷりつかる

第七条 クライマックス読み

第八条 演劇的音読

第九条 バランス読み

第十条 マイ古典の森をつくる

第二章 活きた古典力    四人の先人のワザ


実践を支える古典力 ―渋沢栄一の論語の活かし方

孔子に学ぶ古典力 ―古典がつなぐ仲間意識

ゲーテに学ぶ古典力 ―偉大なものを体験する

古典を固定観念から解き放つ ―小林秀雄に学ぶ古文

第三章 マイ古典にしたい名著五十選   


作品世界にどっぷり浸かる

たった一冊の本が、時代を、社会を変えた

古代の世界は骨太!

書き手の感性や人となりを味わう

人間のおろかさ弱さを見つめる

社会の中の人間

生きる覚悟、生の美学

おまけのプラス五十選

あとがき

2012年10月刊

『大人の精神力』(岩波新書)

 ここでいう「大人」は「45歳から60歳」の人という感じだが、40代がメイン? (20160412)

第一章 バランス=「中庸力」を養ってストレスをなくす

第二章 暗誦によって、心の軸になる言葉を身につける

第三章 『論語』、ゲーテ・・・名言の引用で精神の軸を築

第四章 活字で知性の土台を作り、想像力を鍛える

第五章 40代で身体をギアチェンジして長持ちさせる

「実年齢よし少し若く見える」いつもより少し速く、いつもより少し高く、ほどほどに強く

第六章 自分の心を鍛えるための習慣を身につける

深い呼吸でリラックス
月火(事務的な仕事)、水木金(本来の仕事)、土日(家族基本、校正や講演)と3色に分ける

第七章 長寿社会の人生設計もイメージから

50歳にならないで早世することを夭(わかじに)という。(貝原益軒『養生訓』)五十歳からようやく人生が開けて楽しみができてくる

第八章 人間の強さは、単独者でいられるかどうか

第九章 幸福"観"を養うことが、幸福"感”を広げる

第十章 日本人がもともと持つ「ゆる神」バランスを持続

» Back to Top
lastModified: 2016年